古物商の許可手続き

 

新たに古物商営業又は古物市場営業を始めるには、主たる営業所が所在する都道府県の公安委員会の許可を受けます。

 

古物商の許可が受けられない方(欠格事項)

 

  1. 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  2. 罪種を問わず、禁固刑や懲役刑に処せられ、又は無許可古物営業や名義貸しのほか窃盗、背任、遺失物横領、盗品譲受け等で罰金刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けなくなってから5年を経過しない者
  3. 暴力団員
  4. 暴力団員でなくなってから5年を経過しない者
  5. 暴力団員以外の犯罪組織の構成員で、強いぐ犯性(罪を犯すおそれがある)が認められる者
  6. 暴力団対策法12条、第12条の4第2項及び第12条の6項の命令又は指示を受けた者であって、受けてから3年を経過しない者
  7. 住居の定まらない者
  8. 法24条の規定により古物営業の許可を取り消された者等
  9. 精神機能の傷害により古物営業を適正に営めない者
  10. 一定のも成年
  11. 営業所又は古物市場ごとに管理者を選任しないと考えられる者
  12. 法人で、役員に①から⑨までのいずれかに該当する者があるもの

 

許可の申請先

直接都道府県公安委員会に申請するのではなく、主たる営業所の所在地を管轄する所轄警察署長を経由して申請します。
実際の窓口は、警察署の生活安全担当課です。
受付時間は、平日の警察窓口対応時間になります。

 

許可証の交付

許可は、申請してから40日前後となり、申請場所の警察署で許可証が交付されます。