産業廃棄物収集運搬業

 

産業廃棄物 産業廃棄物収集運搬について解説

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、
「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。(3条)と規定し事業主の責任を明確化しています。
また、産業廃棄物の収集運搬を委託する場合は、
産業廃棄物の収集又は運搬を業として行おうとする者は、当該業を行おうとする区域(運搬のみを業として行う場合にあっては、産業廃棄物の積卸しを行う区域に限る。)を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。(14条)
と規定しています。

また、委託については

・家電量販店などと配送委託契約により家電リサイクル法対象商品の回収を行うときは、産業廃棄物収集運搬の委託に該当するため、産業廃棄物収集運搬の許可が必要になります。
・建設工事(解体工事などを含む)から生じる産業廃棄物については、元請業者が「排出事業者」として処理責任を負うことになります。下請業者が運搬する場合は収集運搬業の許可を取得し、
 元請業者と委託契約を締結しなければなりません。
 ただし、下請業者であっても小規模な修繕工事等に該当する場合は不要な場合があります。

 

 

 

 

 

許可の流れ

要件確認①(収集運搬地域、積替保管の要否、廃棄物の種類)
要件確認②(許可要件を満たすか)
日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)による産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会
申請書類・事前計画書の作成
申請書類の提出
収集運搬車両ステッカーの貼付
産業廃棄物収集運搬の許可を取得するためには、JWセンターで講習会を受講することが必要です。

各都道府県で常時開催ではありませんのでお急ぎの方は、受講日を確認してください。

 

https://www.jwnet.or.jp/workshop/

 

許可の取得には40程度の日数を要します。

 

幣事務所では、要件の確認から書類作成・提出から業務開始までサポート致します。


 

産業廃棄物収集運搬業対応エリア

名古屋市、北名古屋市、清須市、豊山町、稲沢市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、犬山市、大口町、扶桑町、岩倉市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、瀬戸市、日進市、三好市の事務所近郊の尾張から、知多市、半田市、大府市、常滑市の知多方面、豊田市、岡崎市、安城市、刈谷市、豊明市、西尾市、知立市の西三河から豊橋市、豊川市、田原市の東三河まで愛知県全域、岐阜県(岐阜市、大垣市、美濃加茂市、各務原市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、加茂郡など西濃、東濃)、三重県(桑名市、鈴鹿市、四日市市)の東海三県。その他可能な限り中部管轄を対応させていただきます。