特殊車両通行許可

 

トレーラー特殊車両

道路は一定の構造基準により造られています。そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を次のとおり定めています。この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。 (道路法第47条1項、車両制限令第3条)
以下の基準を一つでも超える車両が道路を通行する場合は、特殊車両通行許可が必要になります。

 

  • 幅2.5m、長さ12m、高さ3.8m、総重量20トン、軸重10トン、輪荷重5トン
  • 隣接加重

・隣り合う車軸の距離が1.8m未満の場合は18トン
(ただし、隣り合う車軸に係る軸距が1.3m以上であり、かつ、当該隣り合う車軸に係る軸重がいずれも9.5トン以下である場合は19トン)
・隣り合う車軸の距離が1.8m以上である場合は20トン

  • 最小回転半径12m

 

  • 貨物が特殊

分割不可能なため、一般的制限値のいずれかを超える建設機械、大型発電機、電車の車体、電柱などの貨物

 

  • 車両の構造が特殊

車両の構造が特殊なため一般的制限値を超える車両で、トラッククレーン等自走式建設機械、セミトレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、帆枠型、コンテナ用、自動車の運搬用)のほか、あおり型、スタンジョン型、船底型の追加3車種、その他(海上コンテナ用セミトレーラ、重量物運搬用セミトレーラ、ポールトレーラ)

 

 

車両制限令