健康経営優良法人認証

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法。
企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、コストではなく従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
生産年齢人口の減少と従業員の高齢化、人手不足などの社会課題を背景に健康経営の普及が進んできました。そして新型コロナ感染症の世界的な流行により、企業経営にとって、今後、一層重要となってくるでしょう。

  1. 生産年齢人口の減少と高齢化
  2. 中小企業は慢性的な人手不足

 


内閣府「令和4年版 少子化社会対策白書」

 

 

 

経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、
平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設されています。
優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから
「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境を整備しています。

 

健康優良法人の申請

認定には、加入している保険者(協会けんぽの各都道府県支部、健康保険組合連合会の各都道府県連合会、国保組合等)が実施している健康宣言事業への参加が必須となっています。
加入している保険者が健康宣言事業を実施していない場合は、各自治体が実施する健康宣言事業への参加をもって代替可能です。また、保険者と自治体のいずれも健康宣言事業を実施していない場合は、自社独自の健康宣言の実施をもって代替可能です。

 

 

大規模法人部門と中小規模法人部門によて申請要件は異なります。
部門の区分

 

認定要件(中所規模法人部門)

健康経営と法令遵守

健康経営において、法令遵守は、その基盤を成すものです。
法令遵守に関しては、公法的規制と私法的規制の両面からの検討が求められます。

 

 

法令遵守からCSR(企業の社会的責任)、そして健康経営へ変化しています。

 

 

健康経営アドバイザー制度

健康経営アドバイザー制度は、「健康経営の必要性を伝え、実施へのきっかけを作る人材を育成」するために、国の成長戦略の一環として誕生した制度です。
認定には健康優良法人認定項目を研修で学び、効果測定にて一定の基準に達すると、「健康経営アドバイザー」として認定されさます。

 

対応エリア

運送業許可 対応エリア

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県。名古屋市、北名古屋市、清須市、豊山町、稲沢市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、犬山市、大口町、扶桑町、岩倉市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、瀬戸市、日進市、三好市の事務所近郊の尾張から、知多市、半田市、大府市、常滑市の知多方面、豊田市岡崎市、安城市、刈谷市、豊明市、西尾市、知立市の西三河から豊橋市、豊川市、田原市の東三河まで愛知県全域、岐阜県(岐阜市、大垣市、美濃加茂市、各務原市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、加茂郡など西濃、東濃)、三重県(桑名市、鈴鹿市、四日市市)の東海三県。浜松市、湖西市。その他可能な限り中部運輸局管轄を対応させていただきます。

関東運輸局、近畿運輸局、広島運輸局管内の対応実績有り。

 

コンサルティング 対応エリア

全国:北海道、青森、岩手、宮城、福島、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、長野、山梨、静岡、愛知、岐阜、新潟、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、三重、和歌山、兵庫、岡山、広島、山口、島根、鳥取、香川、愛媛、高知、徳島、福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎、沖縄