2024年問題 法改正

運送業・物流専門 行政書士
運送業・物流専門 行政書士

運送業物流業サポートGFAいけやま行政書士事務所

流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律及び貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律改正

2024年問題に対応し、物流の持続的成長を図るため、「流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律及び貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律案」が、2024年2月13日に閣議決定されました。

 

これまでの取組
  • 第七次物流総合施策大綱
  • 持続可能な物流の実現に向けた検討会
  • 我が国の物流の革新に関する関係閣僚会議設置
  • 物流革新に向けた政策パッケージ
  • 物流革新緊急パッケージ
  • 2030年度に向けた政府の中長期計画

法律案の概要

(1)荷主・物流事業者に対する規制 【流通業務総合効率化法】

  • 荷主物流事業者に対し、物流効率化のために取り組むべき措置について努力義務を課し、当該措置について国が判断基準を策定
  • 上記取組状況について、国が判断基準に基づき指導・助言、調査・公表を実施。
  • 上記事業者のうち、一定規模以上のものを特定事業者として指定し、中長期計画の作成定期報告等を義務付け、中長期計画に基づく取組の実施状況が不十分の場合、勧告・命令を実施
  • さらに、特定事業者のうち荷主には物流統括管理者の選任(CLO)を義務付け。

※法律の名称を「流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律」から「物資の流通の効率化に関する法律」に変更

 

(2)トラック事業者の取引に対する規制 【貨物自動車運送事業法】

  • 元請事業者に対し、実運送事業者の名称等を記載した実運送体制管理簿の作成を義務付け。
  • 荷主・トラック事業者・利用運送事業者に対し、運送契約の締結等に際して、提供する役務の内容やその対価(附帯業務料、燃料サーチャージ等を含む。)等について記載した書面による交付等を義務付け
  • トラック事業者・利用運送事業者に対し、他の事業者の運送の利用(=下請けに出す行為)の適正化について努力義務を課すとともに、一定規模以上の事業者に対し、当該適正化に関する管理規程の作成、責任者の選任を義務付け

 

 

(3)軽トラック事業者に対する規制 【貨物自動車運送事業法】

  • 軽トラック事業者に対し、必要な法令等の知識を担保するための管理者選任と講習受講、国土交通大臣への事故報告を義務付け
  • 国交省による公表対象に、軽トラック事業者に係る事故報告・安全確保命令に関する情報等を追加。

 

改正法案条文関係抜粋

改正法案の要綱

 

1.荷主・物流事業者に対する規制的措置(流通業務総合効率化法

 

2.トラック事業者の取引に対する規制的措置(貨物自動車運送事業法

 

3.軽トラック事業者に対する規制的措置(貨物自動車運送事業法

 

 

物効法法律案 閣議決定(2月13日)

衆議院は4月11日の本会議で与党などの賛成多数で可決しました。

 

対応エリア

運送業許可 対応エリア

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県。名古屋市、北名古屋市、清須市、豊山町、稲沢市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、犬山市、大口町、扶桑町、岩倉市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、瀬戸市、日進市、三好市の事務所近郊の尾張から、知多市、半田市、大府市、常滑市の知多方面、豊田市岡崎市、安城市、刈谷市、豊明市、西尾市、知立市の西三河から豊橋市、豊川市、田原市の東三河まで愛知県全域、岐阜県(岐阜市、大垣市、美濃加茂市、各務原市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、加茂郡など西濃、東濃)、三重県(桑名市、鈴鹿市、四日市市)の東海三県。浜松市、湖西市。その他可能な限り中部運輸局管轄を対応させていただきます。

関東運輸局、近畿運輸局、広島運輸局管内の対応実績有り。

 

コンサルティング 対応エリア

全国:北海道、青森、岩手、宮城、福島、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、長野、山梨、静岡、愛知、岐阜、新潟、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、三重、和歌山、兵庫、岡山、広島、山口、島根、鳥取、香川、愛媛、高知、徳島、福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎、沖縄